遠赤外線自家焙煎スペシャリティコーヒー専門「珈琲倶楽部」尾張旭(愛知県)すべてはおいしいコーヒーのために。

ボリビア コパカバーナ農園 自然栽培

ボリ 





    
 
  地 域 : ラパス県ユンガス地方カラマ
 標 高 : 1350m〜1550m
 品 種 : カツーラ
 等 級 : SHB
 精 製 : ウォッシュド
 乾 燥 : 天日乾燥
 認 証 : バイオラティーナ海外認証


南米大陸のほぼ中央
ブラジルとペルーに挟まれた海を持たない国ボリビア
国土の1/3をアンデス山脈が占め
6000m級の高峰が14もある国です
コーヒーの産地は
ラパス(標高3800m)の北東にあるユンガス地区
標高1000〜2000mの山岳地帯の斜面に
コーヒーが栽培されています
ボリビアは南米の中でも
最貧国のひとつと言われてきましたが
コーヒー生産者は
フェアトレードや開発援助の助けを借りて
ほとんどが有機栽培を行い
品質の高い豆を作り出すようになりました
チチカカ湖畔から北東300kmに
コパカバーナ農園があります
眺めの良いセロ・コンドリーリ(コンドリーリの丘)
というブロックで栽培されています
チチカカ湖よりもたらされる適度な湿度と穏やかな気温が
コパカバーナ農園の豊かな酸味とコク
甘い香りを持つコーヒーを育んでいます
『バイオラティーナ』というのは
海外の有機栽培認証です
日本ではJASオーガニック認証品以外は
オーガニック表記が禁止されているため
『自然栽培』という表記にしています


注文Pはこちら⇒

旧注文Pはこちら⇒






Copyright (C) 2007 Coffee-Club Corporation. All Rights Reserved.