遠赤外線自家焙煎スペシャリティコーヒー専門「珈琲倶楽部」尾張旭(愛知県)すべてはおいしいコーヒーのために。

東ティモール アイナロ COCAMAU フェアトレード 自然栽培

 COCAMAU



   【 東ティモール・マウベシ農業協同組合】
   ◆地 域 : アイナロ県マウベシ郡
   ◆品  種 : HybridodeTimor・他
   ◆標  高 : 1400m〜1700m
   ◆精 製 : フルウォッシュド
   ◆乾 燥 : 天日乾燥
   ◆認 証 : JAS認証(原料生豆)

       

2002年
21世紀最初の独立国として新たな歩みを始めた東ティモール
経済基盤が弱く、コーヒーは唯一の換金作物であり
国民の4人に1人がコーヒー生産者です
東ティモールのアイナロ県マウベシ郡は標高が高く
1300〜1700メートルの山間部に位置し
日中の陽射しの強さに比べて朝晩の冷え込みが激しい地域です
年間降雨量も比較的多く
おいしいコーヒーが育つ条件に恵まれています
マウベシで広範囲にコーヒー栽培が始まったのは
1960年ごろからと比較的新しく、
大規模農園ではなく
平均1ヘクタールあまりの小規模栽培が主です
このマウベシ地域に
『マウベシ農業協同組合』(略称コカマウ<COCAMAU>)が組織され
一粒ずつ丁寧に手摘みで収穫した
無農薬・有機栽培のコーヒー豆が栽培されています

*COCAMAUコーヒーが美味しい5つの理由
1:シェードツリー栽培で自然環境に配慮
コーヒーの木はとてもデリケート
木の根元に日光が当たらないよう
シェードツリー(日陰樹)と一緒に植えています
この方法は、多様な樹木が生い茂り
木々の落ち葉が肥料となって森が保たれるので
豊かな自然環境の中で栽培することができます
また、COCAMAUでは
コーヒーの実の果肉部分を集め堆肥に利用しています

2:収穫は、ひと粒ひと粒、完熟チェリーだけを大切に収穫
機械で収穫すると青い未成熟の豆も落としてしまいます
COCAMAUのコーヒー農民たちは
完熟した甘味の芳醇なコーヒーの実だけを
ひと粒ずつ手で丁寧に収穫していきます

3. 山水を使ったフルウォッシュド精製
山から引いた新鮮な水を使います
果肉と種を分離させたら、発酵
24時間じっくりと熟成させます
その後、水洗いでしっかりとぬめりを取り
果肉をきれいに取り除きます

4. さんさんと降り注ぐ陽の下で天日干し
東ティモールの人々は自国を
日が昇る場所「ロロサエ」と呼びます
COCAMAUでは、ロロサエで約2週間
太陽の光をふんだんに浴びさせて天日干しします

5. ひと粒ひと粒、ハンドピック
収穫時や収穫後、天日干しの時にも選別していますが
最後、袋に入れる前にも改めて
虫食い豆などの欠陥豆を丁寧に手で選別しています


通販のTOPページへ⇒ここをクリック!!


東ティモールの注文ページへ⇒ここをクリック!!






Copyright (C) 2007 Coffee-Club Corporation. All Rights Reserved.